男の離婚準備

【男性の離婚準備】離婚によって住宅ローン支払いが不能になった際の任意売却

愛し合って結婚した夫婦も長年一緒に住んでいるうちに価値観の違いや性格の不一致などですれ違いが起きてしまうこともあります。
それでも我慢できる範囲であれば良いですが、時には一緒に住むことが苦痛となる、離婚に発展してしまう場合もあります。

 

そしてこのときに感情的になって即離婚してしまうと、あとで様々な問題が起きてしまうこともありますので、
離婚する場合もまずは落ち着いて離婚準備を進めていきましょう。

 

男性の場合は女性側に慰謝料を支払ったり、子供がいる場合は養育費、親権などの問題もありますが、
住宅ローンがある場合はそれをどうするかも考えていきたところです。

 

家を購入する際は夫婦の共同名義であったり、
連帯保証人となっていることが多いのでそのままにしておくと思わぬトラブルに発展してしまうことがあります。

 

男性の離婚準備としてはローンをこれまでと同じく支払っていくという選択もありますし、
離婚でローンの返済が厳しいという場合は処分も検討していかなくてはいけません。

 

競売にかけられてしまうと、市場価格よりかなり安く落札され、
残債が多く残る、まわりに知られるなどデメリットが多くなってしまいます。

 

任意売却なら、市場価格に近い価格で売却することができますし、
強制的な失効もなく、残債をより多く減らすこともできます。

 

家を手放したい場合は離婚準備としては、とても大切ですので、
離婚が成立しない間にきちんと話し合いを行い、最適な解決策を選んでおきましょう。